いしかわの遺跡トップページへ
サイトマップ │ 利用案内 │ リンク 財団法人石川県埋蔵文化財センター
いしかわの遺跡トップページ > いしかわ遺跡情報 > いしかわ遺跡散歩 > 御経塚遺跡
いしかわ遺跡散歩

国指定史跡

珠洲陶器窯跡
[西方寺古窯跡]

真脇遺跡
万行遺跡
七尾城跡
能登国分寺跡附建物群跡
須曽蝦夷穴古墳
石動山
雨の宮古墳群
寺家遺跡
吉崎・次場遺跡
散田金谷古墳
上山田貝塚
加茂遺跡
金沢城跡
チカモリ遺跡
東大寺領横江荘遺跡 上荒屋遺跡
加賀藩主前田家墓所
辰巳用水
末松廃寺跡
御経塚遺跡
東大寺領横江荘遺跡荘家跡
鳥越城跡附二曲城跡
和田山・末寺山古墳群
秋常山古墳群
法皇山横穴古墳
狐山古墳
九谷磁器窯跡

県指定史跡

中段の板碑
地頭町中世墳墓窟群
明泉寺石塔群在地
上町マンダラ古墳群
院内勅使塚古墳
永光寺
末森城跡
御舘館跡
大海西山遺跡
宇気塚越1号墳
石の木塚
寺井山遺跡

そのほか

旧松波城庭園
三室まどがけ古墳群
舟岡山遺跡・舟岡城跡
河田山古墳群

 縄文時代の大集落

国指定史跡 野々市市 御経塚遺跡 (おきょうづかいせき)

 御経塚遺跡は、野々市市北西部にある縄文時代後期〜晩期(3,500〜2,300年前)の大規模な集落遺跡です。昭和29年に地元の中学生によって発見され、これまでに数度の発掘調査が行われています。
 集落は、中心部に祀り(まつり)に使われた広場をもち、広場の周りには、竪穴建物跡が並んでいます。最近の調査では、金沢市チカモリ遺跡で発見された巨大木柱列と同じような、穴が円形にめぐる遺構もいくつか確認されています。
竪穴住居
復元された竪穴住居
 遺跡からは、1万点近くのたくさんの土器や石器が出土しました。土器は、食べ物を煮炊きするための深鉢や入れ物に使用した浅鉢などが見つかりました。石器は、狩りの時に矢の先につけた石鏃(せきぞく)や土掘りに使った打製石斧(だせいせきふ)、ヒスイ製の玉類、御物石器(ぎょぶつせっき)や石棒(せきぼう)をはじめとする祀りの道具など多彩なものが見つかりました。特に御物石器、石棒など祭祀遺物は1遺跡の出土量としては全国的にみても大変多く、縄文人の信仰心の厚さをうかがい知ることができます。
 この遺跡は、縄文時代の生活や文化を知る上で大変貴重であることから、昭和52年に国の史跡に指定されました。現在、約15,000uが史跡公園として整備され、竪穴建物を復元し、縄文の集落を体感することができます。
 また、公園の隣には、御経塚遺跡をはじめ市内の発掘調査で出土した考古資料を展示公開している「野々市市ふるさと歴史館」が併設されています。
入園料 無料
所在地 野々市市御経塚 <位置図はこちら>
交通 北陸自動車道金沢西I.Cから車10分、JR野々市駅から徒歩10分
資料館 野々市市ふるさと歴史館
住所:野々市市御経塚1丁目182番地
開館時間:午前10時から午後4時
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日休館)、祝日の翌日(土・日曜日は除く)、年末年始
入館料:無料
お問合せ 野々市市ふるさと歴史館 076-246-0133
野々市市教育委員会文化振興課 076-227-6122
参考文献 野々市町教育委員会『御経塚遺跡』1983年
※休館日などの情報は事前に各施設にご確認下さい。

 地名の由来は…

市指定史跡 野々市市 経塚 (きょうづか)

経塚
経塚
 御経塚遺跡公園から北西約300mにある御経塚墓地の横に隣接しています。経塚は、経典(きょうてん)を永く後世に伝えるため、土の中に埋納しその上を盛土し塚状にした施設で、平安時代後半からつくられるようになります。
 御経塚地内の経塚は、戦国〜江戸時代につくられ、地名の由来ともなっていて、県内では数少ない平地に立地しています。経塚の上には、経典を守るために祀られた傅大子(ふだいし)と呼ばれる石仏が置かれていました。この石仏は、天保10年(1839)造立されており、現在、野々市市ふるさと歴史館で展示しています。
『いしかわの遺跡18』より

いしかわ遺跡散歩へ戻るトップページへ
まいぶんシンボルマーク 公益財団法人石川県埋蔵文化財センター
〒920-1336 石川県金沢市中戸町18-1
電話(代表)076-229-4477 FAX 076-229-3731
eメール mail@ishikawa-maibun.or.jp
本ホームページで使用しているコンテンツの無断使用はできません
Copyright(C) 2006 Ishikawa Archaeological Foundation. All Rights Reserved.