いしかわの遺跡トップページへ
サイトマップ │ 利用案内 │ リンク 財団法人石川県埋蔵文化財センター
いしかわの遺跡トップページ > いしかわ遺跡情報 > 最新発掘情報2017 > 大菅波コショウズワリ遺跡
r>
最新発掘情報2017
遺跡名
大菅波コショウズワリ遺跡
(おおすがなみこしょうずわりいせき)
遺跡の位置
所在地
加賀市大菅波町地内
時代
縄文、古墳~近世
内容
 北から延びる丘陵が、八日市川へと向かって緩やかに傾斜する裾部に遺跡は立地します。
 平成29年度の調査では、古墳時代の周りに溝をもつ建物や、古墳時代から平安時代に建てられた掘立柱建物群をはじめ、道路の痕跡や多くの土器が捨てられた土坑などがみつかりました。また、建物群の近くを流れていた川からは、当時の人々が使用していた土師器や須恵器のほか、縄文土器や石鏃など、集落よりも古い時代の遺物も出土しました。
 江戸時代には、より地盤の安定した丘陵近くに集落の中心は移ったようです。集落の縁辺部にあたる調査区では、南の低地に広がりが想定される耕作地を前に、井戸や編み物を敷いた土坑などとともに簡易な建物が建つ風景が復元されます。
上空から見た遺跡周辺の様子
上空から見た遺跡周辺の様子
周りに溝をもつ建物(古墳時代)
周りに溝をもつ建物(古墳時代)
川辺に建つ掘立柱建物群(古墳時代~平安時代)
川辺に建つ掘立柱建物群(古墳時代~平安時代)
土坑の底面に敷かれた編み物(江戸時代)
土坑の底面に敷かれた編み物(江戸時代)

戻るトップページへ
公益財団法人石川県埋蔵文化財センター
〒920-1336 石川県金沢市中戸町18-1
電話(代表)076-229-4477 FAX 076-229-3731
本ホームページで使用しているコンテンツの無断使用はできません
Copyright(C) 2006 Ishikawa Archaeological Foundation. All Rights Reserved.