加茂遺跡の調査は、国土交通省が施行する国道8号線(津幡北バイパス)の改築工事に伴い行われています。 これまで六回の発掘調査がおこなわれ、その結果、弥生時代から室町時代にかけて営まれた複合遺跡であることが判明しています。
第4次調査垂直写真(写真左が北) 写真中央を左右に延びる2本の溝は、古代北陸道の側溝。